日本語教育能力検定には対策が必須!そのやり方とは

10月実施の日本語教育能力検定の対策ポイントはコレ!

日本語教育能力検定には対策が必須!そのやり方とは

教材

まずは基礎を学ぶ

立派な日本語教師になるには、基礎からしっかり学ぶことが重要です。そのためには、日本語教師の教育が受けられる講座の受講が求められます。さらに日本語の理論と実習をバランスよく学べるので日本語教育能力検定学習にも役立ちます。

レディ

検定対策の方法

毎年行われる日本語教育能力検定試験で出題された問題を徹底分析した後に授業へ反映させているため、検定対策自体は、授業を受けながら行うことができます。加えて、自宅で復習すれば一発合格も夢ではありません。

勉強

今後必要な学習内容

日本語教育事情の他、社会言語学、言語習得論など本格的な科目となっています。また教育においては、異文化の理解とコミュニケーションの取り方を中心に学ぶこともできます。

勉強道具

説明会に参加する

学校や講師の雰囲気、授業の様子を間近で見るなら説明会への参加が適切です。この時に授業内容の紹介、個別相談、校内見学など説明会の内容も充実しています。

日本語教師になるメリット

  • 異国の地で働ける
  • 勉強会やセミナーでスキルアップ可能
  • 教える楽しさを実感できる

広告募集中